ご入居者様へ 快適に住まうために ご入居者様へ 快適に住まうために

トイレ・キッチン等設備の維持・管理方法

ベランダ

ベランダの排水口は定期的にお手入れをお願いします。

ベランダの排水口は定期的にお手入れをお願いします。

ベランダに排水口がある場合は、排水口の清掃をお願いいたします。
土埃、枯葉等、汚れが溜まると、流れが悪くなるだけでなく、悪臭の原因になる場合があります。

※大雨の際、排水口がつまっていると、ベランダに水がたまり、居室内に水浸する場合があります。

トイレ

水まわりのトラブルにご注意ください。水まわりのトラブルにご注意ください。

水まわりのトラブルにご注意ください。

<トイレが詰まったら>
汚水が流れずたまっている時は、水を流さず、吸引器(ラバーカップ)を便器の排水口につけ、静かに押しつけ、力を入れてから、勢いよく引いてください。 繰り返す事で、汚水が流れ出し、改善する場合があります。

<水が止まらなくなったら>
ロータンクのレバーを2~3回上下に動かしてください。それでも止まらない場合には、ロータンクの止水栓を締めて、タンク内を確認してください。

※止水栓は、給水管の途中にあり、マイナスドライバーまたはコインで回せるようになっています。

<タンクの水が止まらない場合の原因>
・浮き球が充分に上がっていない。(ボールタップ固定ナットを緩めて調整可能)
・排水弁が確実に作動していない。(異物がある場合取り除く、チェーンのよじれを直す)

ユニットバス

入浴後の換気をしっかりしましょう。入浴後の換気をしっかりしましょう。

入浴後の換気をしっかりしましょう。

ユニットバスご使用後は、充分に換気を行い、乾燥させてください。
高温多湿の状態が続くとカビが発生しやすくなります。入浴後、壁や床に水をかけると、温度が下がり、カビが生えにくくなります。また、水分をできる限りふき取ると効果的です。

<日常のお手入れ>
浴室、浴槽のお掃除は、スポンジ等やわらかいものを使用してください。(研磨剤入り洗剤は、細かい傷がつく為、使用をお控えください)

※浴室内を清掃する際、浴室洗剤(酸性洗剤)とカビ取り剤、漂白剤等(塩素系洗剤)を一緒に使うと、有毒ガスが発生する為、大変危険です。注意書きに従い、正しく使用してください。

ユニットバスの排水口に、髪の毛等が詰まっていると、排水が悪くなり不衛生となります。
また、床面に排水が溢れたり、漏水の原因ともなりますので、1か月に1度以上は、排水口のお手入れをするよう心がけてください。
なお硫黄(イオウ)を含んだ入浴剤は、給湯器の故障の原因となる場合があります。使用に際しては注意書きに従い正しく使用して下さい。

キッチン

清掃が不十分だと不良や悪臭の原因になります。清掃が不十分だと不良や悪臭の原因になります。

清掃が不十分だと不良や悪臭の原因になります。

<日常のお手入れ>
キッチンシンクの排水口まわりは、こまめに清掃するよう心がけてください。清掃が不十分だと排水不良や、悪臭の原因にもなります。ガスコンロが点火しにくい場合は、点火用乾電池を交換し確認してください。

※コンロが使用できず、お湯も出ない場合には、ガスの供給が止まっている場合があります。外部のガスメーターを確認し、復旧操作をしてください。

キッチン

浴室換気扇

カバーをはずして洗剤などでお手入れしてください。

汚れがひどくなった場合などは、本体カバーを外し、お手入れしてください。

※お手入れの際には、必ず、スイッチをOFFにし、ゴム手袋等を着用してください。

1.本体カバーを真下に引きおろし、スプリングから外します。(スプリングを変形させないため、いったん本体内に押し込んでおいて下さい。)
2.中性洗剤を浸した雑巾などで、内部の汚れをふき取ります。
3.お手入れが終わりましたら、下記図面ご参照の上、本体カバーを元の状態に戻してください。

<スプリング取付板が金属の例>

① スプリング先端を狭めます。
② スプリング固定金具の溝の中にスプリング先端部を入れます。
③ 本体カバーの引掛金具の突起部をスプリングの輪の中に入れます。
④ 本体カバーを持って、ゆっくり天井方向に押し込めばスプリングの力で本体カバーが天井に引っ張り込まれます。

浴室換気扇浴室換気扇浴室換気扇浴室換気扇

エアコン

使用頻度が上がる季節前には試運転を行ってください。使用頻度が上がる季節前には試運転を行ってください。

使用頻度が上がる季節前には試運転を行ってください。

<備え付けのエアコンがある場合>
エアコンフィルターはこまめに清掃してください。

※フィルターが詰まっていると、適切な設定温度での使用、運転が出来なくなる場合があります。

しばらく使っていなかったエアコンは、使用前にフィルターの掃除をするとともに、日中2~3時間窓を開けたままで作動させてからご使用ください。
外気との温度差がある場合や、冬季の結露防止運転時は、設定温度での運転開始まで、時間がかかる場合があります。

<作動しない場合>
① リモコンの電池交換をお試しください。(リモコンの表示が出ていても、電池切れとなっている場合があります)
② 室内機のコンセントを抜き、5~10分後再度コンセントを入れ、お試しください。
③ 室内機本体のスイッチで作動するかお試しください。
④ 室内機のコンセントを一度抜き、5~10分後再度コンセントを入れる電源リセットをお試しください。

<室内機から水が漏れてくる><室内機から水が漏れてくる>

<室内機から水が漏れてくる>
室内機からの水漏れは、外部に出ているドレイン管のつまりが原因と予想されます。清掃、掃除での改善は難しい為、弊社までご連絡ください。
エアコンを最も使用する時期(夏・冬)になる前に、一度、試運転にて作動確認をお願いいたします。

※異常が確認された場合には、エアコンのメーカー、型式情報と併せ、弊社までご連絡ください。トップシーズンでの修理は、エアコンメーカーの対応にお時間がかかる場合があります。

備え付けのエアコンが無い場合、新たに設置する場合

玄関ドア

玄関ドアの閉まりが悪い場合はドライバーで調整できます。玄関ドアの閉まりが悪い場合はドライバーで調整できます。

玄関ドアの閉まりが悪い場合はドライバーで調整できます。

玄関ドア上部にあるドアチェックにて、開閉スピードをコントロールしています。
ドアチェック本体側面にある、速度調節弁をドライバーで回して調整してください。

サッシ・網戸

サッシの鍵のかかりが悪い場合はドライバーで調整できます。サッシの鍵のかかりが悪い場合はドライバーで調整できます。

サッシの鍵のかかりが悪い場合はドライバーで調整できます。

サッシが確実にしまっているか、クレセントがズレていないか、確認してください。
クレセントがズレている場合、クレセント受けの固定ネジをドライバーで緩め、位置を調整してください。

<網戸が外れやすい時>
網戸がはずれやすい場合は、はずれ止めを確認してください。
網戸は上部にあるビスをゆるめ、はずれ止めを下に下げればはずれます。網戸についた汚れを放置しますと、目づまりし、風通しが悪くなります。時々はずして洗いましょう

法定点検・建物設備対応

可能な範囲でお立合いをお願いします。

消防設備などの法定点検や、排水管洗浄など、建物全体で計画実施する場合があります。ご入居者皆様が、安全、快適にお住まい頂く為、出来る範囲で、立会い実施ご協力をお願いいたします。