ご入居者様へ 快適に住まうために ご入居者様へ 快適に住まうために

電気・水道・ガス、電話などの名義変更と
使用開始手続きについて

ご自身で、公共料金の名義変更と使用開始手続きをご入居前に行ってください。特にガスの開栓には立会いが必要となります。

※事前にお手続きしていない場合、お引越し時(ご入居時)にご使用いただけないこともございますので、ご注意ください。

電気

ブレーカーがONになっているか確認してください。

ブレーカーがONになっているか確認してください。

ONになっていない場合には、漏電ブレーカ共全てONにして下さい。
ブレーカー及びその周辺に備え付けの管轄電力会社ハガキの郵送、ご連絡、または、管轄電力会社ホームページから使用開始手続きを行ってください。

※ブレーカーは、洗面所内の壁の上方や玄関内上部に設置されている場合が多いです。

2016年4月1日から、電力自由化が開始しました。ご入居前に電力会社と電気契約をお願いいたします。

ガス

都市ガス、LPガス共、事前にガス会社へ連絡の上、開栓してください。

都市ガス、LPガス共、事前にガス会社へ連絡の上、開栓してください。

ガスの開栓は、指定日にご入居者様立会いの上、ガス会社係員にて開栓する必要があります。管轄のガス会社へのご連絡または、管轄ガス会社ホームページ上から、使用開始手続きを行ってください。

※ガスの開栓手続きを行わないと、ガス設備の使用ができません。

2017年4月1日から、ガス自由化が開始します。現状、都市ガスが供給されているエリアの物件が対象です。プロパンガス物件では、個別の切り替えはできません。

水道

水道の元栓が開いていることを確認してください。

水道は元栓が閉まっていることがありますので、メーターボックス内にあるバルブを充分に回して開栓してください。

※水道メーターの位置については、キッチンカウンターの上等に備え付けの、資料内図面をご参照ください。

<図面が見当たらない場合>

① 物件敷地内屋外の地面(エントランス回り、北側、路地奥等)をご確認下さい。メーターボックスの蓋を開けると部屋番号が記されていますので確認し、バルブをひねって開けてください。(部屋番号を間違えない様、ご注意ください。)

② 玄関扉脇にメーターボックス用の扉がある物件では、その扉の中にある場合がありますのでご確認ください。元栓が、バルブ状の場合は、  一度固くなっても回る場合がございますので、充分に(10回くらい)回し全開にしてください。備え付けのハガキ郵送、ご連絡、または管轄水道局ホームページから使用開始手続きを行ってください。

電話・インターネット

ご入居者様から直接事業者にお申し込みください。

固定電話、インターネットなどをご契約される場合は、電話会社やインターネットプロバイダー会社にご連絡の上、ご入居者様にて直接お申込みください。その際発生する工事費(物件によって異なります)は、ご入居者様の負担となります。
電話番号が確定致しましたら、弊社へご連絡いただきますようお願いいたします。インターネット光導入物件の場合でも、共用部MDFから、お部屋内までの配線作業が必要となります。

電話会社などへ配線導入作業をお申込みください。

光回線の導入が無い建物の場合(物件規模が対象外の場合等)、お部屋に対して、個別導入の可否を確認する必要があります。ご希望の電話会社へ連絡し、導入に伴う工事内容をご確認の上、導入可否について、弊社までお問い合わせください。

インターネットご利用のお問い合わせ・お申し込みはこちらへ
ヘーベルROOMS専用インターネットご案内センター
TEL:0120-979-231
受付時間:11:00~21:00(土・日・祝日も受付しています)

集合ポスト

集合郵便ポストに氏名の表示をお願い致します。

表示されないと郵便物が正確に配達されない可能性がございますのでご注意ください。
ダイヤル錠につきましては、ご契約時お渡し書類記載の暗証番号にて開錠可能です。(例:右に2回○、左に1回△)

※この例の場合、右(アナログ時計の針が回る方向)へ回し2回目の○で、回す向きを左(アナログ時計の針と反対の方向)へ変え最初に△となったところで開錠と  なります。万が一開かない場合、ダイヤルを2~3周回し、つまみの印を0に一度合わせる、リセット作業を行った上で、再度操作してください。ネームプレートが ずれていたり、投函物が引っかかっている場合、開かないことがありますので、直してから操作してください。

TV

備え付けのアンテナ用端子にお手持ちのテレビを接続してください。

BS視聴可能物件で壁の端子が1か所の場合、市販の分波器による接続が必要となります。
接続後、テレビや受信機のチャンネル設定(再スキャン)を行い、最適な受信状況をご確認ください。

照明器具

照明器具

備え付けの引っ掛けシーリングをご利用ください。

照明器具は、天井備え付けの引っ掛けシーリングをご利用の上、ご自身で設置してください。

※重さ5Kgを超える照明器具はご使用できません。水回りや廊下の照明器具は備付 けです。球切れの場合は、ご入居者様のご負担で交換をお願い致します。

洗濯機 排水パイプ・アース接続について

照明器具

排水パイプ、アースを確実に接続してからご使用ください。

洗濯機は洗濯機置場に置き、洗濯機の排水パイプを排水口に確実に接続してご使用ください。(1階住戸では防水パンの設置が無い場合があります。その場合も床面にある排水口に接続してご使用ください。)
アースはコンセント下のアースターミナルに接続してください。水漏れ事故防止のため、不在時は全自動洗濯機への給水栓を締め、使用する時に開栓するようにしてください。

※それ以外のホースは漏水の原因となります。JEM規格品はカチッとはめられる、1 か所外れ防止フック(ツメ)のある形状をしています。3か所にネジがついている アタッチメントが設置されている場合は、取り外して使用する必要があります。

緊急止水弁(蛇口先端、白い突起)に水圧がかかっていて給水ホースが接続できないことがあります。この場合水栓を締め、雑巾、タオル等を蛇口先端にあてて、両手親指で緊急止水弁を押し込んで空気を入れてから、給水ホースを接続してください。

※この時少量の水が出る場合があります。

洗濯機 ホースとの接続方法について

緊急止水弁付水栓と全自動洗濯機給水ホースの各部名称

緊急止水弁付洗濯機用水栓
(露出タイプ:単水栓)

全自動洗濯機給水ホ-ス

緊急止水弁付洗濯機用水栓への給水ホース接続方法

STEP.1  全自動洗濯機給水ホースから元口(もとくち)を外します。

1.全自動洗濯機給水ホースの給水ホース継手を左記のように、親指とひとさし指で挟むように持ちます。

2.ストッパー部の下部を左記のように押さえ込み元口のつば部より広げるようにします。

3.2の状態のまま、給水ホース継手を下方にスライドさせます。

4.3の状態のまま、元口をもう片方の手で持ち、上方へ引っ張り上げます。

5.元口を取り外します。

STEP.2  緊急止水弁付洗濯機用水栓と給水ホースを接続します。

1.水栓のハンドルが左図のように「止」の状態になっていることを確認してください。
もし、左図のようになっていない場合は、ハンドルを回して左図の状態にしてください。

2.緊急止水弁の先端をタオルなどで押さえ、止水弁を傾けて押し込み、中にたまっている水を抜いて下さい。
その後、緊急止水弁が動く事を確認してください。

3.左図のように親指と人差し指で給水ホース継手を持ち、他の指と手のはらでホースを保持して給水ホース継手を下方へスライドさせてください。
【ポイント】
ボールが見える状態にしましょう。

4.3の状態のまま水栓の給水口へ給水ホース継手を差し込んでください。

5.リング(つば)の下まで差込み、ストッパー部をリング(つば)部に引っ掛けます。
【ポイント】
ストッパー部がリング(つば)に確実にひっかかっていることを確認しましょう。

6.給水ホースを下向きに引っ張り、抜けないことを確認します。

7.洗濯機使用時は、ハンドルを左図のように回して「開」の状態にして使用します。
【ポイント】
ハンドルの突起部を吐水口と同じ向きにしましょう。
(突起が下を向いていれば「開」の状態です)

止水弁が上がらない場合、下記をお試し下さい

①水道メーターの止水栓(元栓)を閉めてください。

②洗面台の蛇口(水側)を開き、水が止まるまで出しきって蛇口を閉めてください。<配管内の水圧を下げる為>

③洗濯機用水栓のハンドルを開けてください。

④再度、緊急止水弁にタオルを押し当てて、上に押し上げてください。
※上記をお試しいただいても緊急止水弁が上がらない場合は、故障の可能性がありますので、ヘーベルROOMSセンターまでお問い合わせください。

⑤最後に、水道メーターの止水栓を開けてください。

エアコン

照明器具

備付けのエアコンは、ご入居時一度試運転をお願いします。

※異常が確認された場合には、エアコンのメーカー、型式情報と併せ、弊社までご連 絡ください。

<備付けエアコンが無い場合、新たに設置する場合>
エアコン専用コンセントが設置されている位置付近には、室内機設置用の下地補強がしてありますので、その付近に室内機を設置してください。

※エアコンの設置に際して、備付けのエアコンスリーブのキャップを紛失しないよう にご注意ください。

<バルコニーがある場合>
室内機の直近の外部に室外機を設置してください。
バルコニーが無く、階下へ室外機を設置する必要がある場合には、弊社までお問い合わせください。

壁へのビス止め、固定方法について

照明器具

市販の石膏ボード用ピンのご使用をおすすめします。

室内の壁に物を取り付ける場合、壁下地が石膏ボードのため、ビス止めが出来ないことがあります。市販の石膏ボード用ピン(3本のピンをクロスして壁に刺して固定するもの)のご使用をお勧めいたします。

※壁への穴あけ等、修繕が必要な時には、退室時費用負担対象となる場合があります。

取り扱い説明書

ヘーベルROOMSの取扱い説明書をお読みください。

各種器具類をご使用の際は、必ず備え付けの「取扱説明書」、「Room Information」をご参照ください。