暮らしで知るヘーベルROOMS

服がきちんと収納されたら、リビングが広く使えるようになりました。

Y.M.さん(28歳)

大事な衣類たちをしっかり収納。大事な衣類たちをしっかり収納。

ファッションが大好きでこの職業についたので、手持ちの衣類は増える一方。以前住んでいた部屋には収納が少なく、服がそこら中に溢れかえっていました(笑)。「1に収納、2に収納!」で選んだこの部屋に引っ越してからは、大切な服たちをきちんとしまえてホッとしています。

お出かけ前も慌てずコーディネート。お出かけ前も慌てずコーディネート。

衣類収納のメインは、昔から憧れていたウォークインクローゼット。たくさん収納できるだけじゃなく、ワードローブを一望できるからすごく便利なんです。着ていきたいアイテムを探しまわることが無くなったので、出かける前にしっかり時間をかけてコーディネートできるようになりました。

『小さいように見えて、けっこうな収納力があるんです』ウォークインクローゼットは奥行きたっぷり『小さいように見えて、けっこうな収納力があるんです』ウォークインクローゼットは奥行きたっぷり

CLOSET

間口が狭かったので、初めて見たときは「ちょっと小さいかも」と思ったんですが、
実際は奥行きがかなりあって助かってます。
手持ちの服をぜんぶ収納してもまだちょっと余裕があるし、もう少し増えても大丈夫かな(笑)。

『収納を上手くやれば、部屋を広く使えるんです』広くなった空間が気持ちの余裕を生む。『収納を上手くやれば、部屋を広く使えるんです』広くなった空間が気持ちの余裕を生む。

もともと整理整頓は苦手だったんですけど、この引っ越しを機会に一念発起しました。
たとえばソファーベッドを買ったり、スキマ収納を有効利用したり。
部屋を広く使えるようになると、自分の気持ちにも余裕が生まれる気がするので張り切ってやってます。

整理ベタの特効薬は、たっぷりの収納!?整理ベタの特効薬は、たっぷりの収納!?

今のお部屋を拝見すると、整頓が苦手だったとは想像もつかないY.Mさん。
部屋がキレイだと気分まで晴れやかになるそうで、すっかり収納達人に。
片付けられない人にアドバイスを、と訊ねると「まずは収納たっぷりの部屋に引っ越すこと(笑)」だとか。