SUSTAINABILITY

サステナビリティ

  • HOME
  • サステナビリティ

アトラス加賀

街づくりで、
持続可能な社会を実現する

私たち旭化成不動産レジデンスは、「豊かな暮らしと街を、あしたの人々へ。」をパーパスに掲げ、事業を通して持続可能な社会実現に貢献しています。

独自の強みを活かし、
サステナブルな社会の実現に貢献する

旭化成不動産レジデンス株式会社 代表取締役社長

旭化成不動産レジデンス
株式会社

代表取締役社長

高橋 謙治

独自の強みを活かし、
サステナブルな社会の実現に貢献する

地球規模で進行する危機に対して総合不動産企業として果たすべき役割も重要になってまいりました。
私たち旭化成不動産レジデンスは、独自の強みを活かし、老朽化マンションの建替え事業による都市強靭化、分譲・賃貸マンションでのZEH化推進、中古ヘーベルハウス流通によるストック型社会の促進など、サステナブルな社会の実現に貢献してまいります。
また、旭化成ホームズグループの環境方針 ①脱炭素社会とレジリエンスの推進 ②サーキュラーエコノミーの実現 ③ステークホルダーと共に進める自然共生 に基づき、「お客様のいのち、くらし、人生」を支えるLONGLIFEな事業活動を実施します。
持続可能な社会の実現に向けて、事業活動を通じて環境への配慮を行うことは企業として当然の使命です。
顧客や地域社会、顧客同士のコミュニティを軸に、緑の創出やシェアリングエコノミーを推進することで、「豊かな暮らしと街を、あしたの人々へ。」提供してまいります。

私たちの取り組み

旭化成不動産レジデンスの「まちづくり思想」

生態系の保護や、脱酸素かの取り組みを、強いコミュニティで支える
生態系の保護や、脱炭素化の取り組みを、
強いコミュニティで支える

ZEH-Mの普及実現で
環境負荷を低減した住まいを

国が定める集合住宅のZEH 基準に沿って、住戸および住棟それぞれに、一次エネルギー収支で100%以上削減する『ZEH』の他、20%以上の『ZEH Oriented』等があります。当社が提供する分譲マンション・アトラスでは『ZEH-Oriented』、賃貸管理をするへーベルメゾンでは『ZEH-M』を満たす集合住宅の普及拡大に、積極的に取り組んでいます。

ZEH-Mの普及実現で環境負荷を低減した住まいを

分譲マンションにおける今後の目標

今後の目標

SUUMO AWARD 2023
にて
4部門受賞

私たち旭化成不動産レジデンスは、「豊かな暮らしと街を、あしたの人々へ。」を企業パーパスに掲げ、事業を通してサステナブルな社会の実現に貢献してまいりました。老朽化したマンションの建替えをはじめとした街のレジリエンス性強化や、環境貢献としてのZEH化推進やグリーンインフラの強化など、これからも旭化成の知見を活かした最先端の技術と発想で都市部のライフスタイルに寄り添ったデザインや暮らしの提案に取り組んでまいります。

旭化成ホームズグループ
サステナビリティ方針

永く愛され続ける企業へ

私たちは、時代のニーズを的確にとらえ研究し、新しいくらしや住まいを提案し続けてきました。
その中で生まれた「LONGLIFE」という言葉は、事業活動や関わる人々すべてが永続的に幸福であることを表しています。
私たちは、お客様へ商品・サービスを通じて快適な生活を将来にわたって約束することおよび、
それらを生む当社やバリューチェーン全体の関係者の期待に応え、信頼される存在でありたいと願っています。
私たちは、人びとに必要とされ、感謝され、愛され続ける企業を目指します。

旭化成ホームズグループ サステナビリティレポート 旭化成ホームズグループ
サステナビリティレポート