SUSTAINABILITY

サステナビリティ

  • HOME
  • サステナビリティ

アトラス加賀

街づくりで、
持続可能な社会を実現する

私たち旭化成不動産レジデンスは、「豊かな暮らしと街を、あしたの人々へ。」をパーパスに掲げ、事業を通して持続可能な社会実現に貢献しています。

独自の強みを活かし、
サステナブルな社会の実現に貢献する

旭化成不動産レジデンス株式会社 代表取締役社長

旭化成不動産レジデンス
株式会社

代表取締役社長

兒玉 芳樹

独自の強みを活かし、
サステナブルな社会の実現に貢献する

地球規模で進行する危機に対して総合不動産企業として果たすべき役割も重要になっていまいりました。
私たち旭化成不動産レジデンスは、独自の強みを活かし、老朽化マンションの建替え事業による都市強靭化、分譲・賃貸マンションでのZEH化推進、中古ヘーベルハウス流通によるストック型社会の促進など、サステナブルな社会の実現に貢献してまいります。
また、旭化成ホームズグループの環境方針 ①脱炭素社会とレジリエンスの推進 ②サーキュラーエコノミーの実現 ③ステークホルダーと共に進める自然共生 に基づき、「お客様のいのち、くらし、人生」を支えるLONGLIFEな事業活動を実施します。
持続可能な社会の実現に向けて、事業活動を通じて環境への配慮を行うことは企業として当然の使命です。
顧客や地域社会、顧客同士のコミュニティを軸に、緑の創出やシェアリングエコノミーを推進することで、「豊かな暮らしと街を、あしたの人々へ。」提供してまいります。

私たちの取り組み

旭化成不動産レジデンスの「まちづくり思想」

生態系の保護や、脱酸素かの取り組みを、強いコミュニティで支える
生態系の保護や、脱炭素化の取り組みを、
強いコミュニティで支える

ZEH-Mの普及実現で
環境負荷を低減した住まいを

ZEH-M(ゼッチ・マンション)は、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となるマンションです。
私たちは、経済産業省のZEHロードマップに基づきマンションデベロッパーとしてZEH-Mの普及実現に取り組み、環境にやさしい住まいづくりを促進しています。

ZEH-Mの普及実現で環境負荷を低減した住まいを

今後の目標

今後の目標

旭化成ホームズグループのCSR方針

旭化成ホームズグループ サステナビリティレポート 旭化成ホームズグループ
サステナビリティレポート