マンション建替え入門

耐震性の不足

建替えマンションの実状

耐震性の不足

1981年(昭和56年)に建物の耐震性に関する基準が改正(新耐震基準)されました。それ以前の耐震基準による建物は「旧耐震」と呼ばれ、現行の耐震基準を満たしていない可能性があります。建物の耐震性は、人命に関わる可能性がある重要な問題であり、「耐震診断」を実施することで確認可能です。一方、耐震性の不足が確認された場合は、宅地建物取引業法による「重要事項」として、不動産取引の際の説明義務が発生します。そのためマンションの耐震診断の実施は費用の点も含めて、総会承認を得ることが一般的です。
行政も耐震不足の建物のリスクを減らすために、幹線道路沿いの建物の耐震診断を義務付けたりする一方で、耐震性の不足による除却の必要性を行政に認定された「要除却認定」マンションに対する容積率の特例(マンション建替法105条)も整備されています。