マンション建替え入門

建替えマンションの実状と建替えに関する
基礎情報の把握から始めましょう

建替えを実現したマンションでは、どのような課題が発生し、区分所有者の皆様や管理組合はどのようなことでお困りだったのでしょうか?マンション建替えには、どのような法律が関係し、建替え実現のためには、どのような手続き・活動が必要なのでしょうか?

建替えマンションの実状

当社が参画して建替えを実現したマンションでは、従前の建物とコミュニティはどのような状況だったのでしょうか?

外部居住化が
進んでいました

区分所有者本人の居住を前提に分譲されたマンションでも、外部居住化が進んでいました。

限界集落化が
進んでいました

転出による空き家の増加と区分所有者の高齢化により限界集落化が進んでいました。

上記は一例です詳細なデータ(研究所の調査結果)はこちら

これらは建物・設備の老朽化や陳腐化、耐震性不足、バリアフリーの不備等が原因と思われます。

マンション建替えの進め方

建替えの検討は、理事会や有志の方々で、修繕や改修を含めた再生手法の比較から始めることが一般的です。建替えに向けた検討が具体化すると、シミュレーション作業等で専門家のサポートを受けるために、「建替え推進決議」等の総会決議を実施することになります。管理組合としての建替えの意思決定となる「建替え決議」については、区分所有法によって手順や成立要件等が定められています。

※単棟、団地(一括建替え・部分建替え)などで要件は変わります。
画像クリックで拡大します

※建替え決議や建替えの基礎知識に関するパンフレット「マンション建替え入門」はこちら

※建替え検討中の皆様向けのセミナーやご要望に応じた勉強会も実施しています。詳しくはこちら

合意形成活動とは

マンション建替えでは、区分所有者の皆様に、建替え事業の仕組みや事業計画を正しく理解していただき、初めて経験する建替えへのご不安を解消していただくための「合意形成活動」が必要です。
合意形成活動では、区分所有者の皆様に正確な情報をお伝えする各種「説明会」、皆様のご意見やご要望を事業に反映するための「ワークショップ」、お一人おひとりのご意見・ご要望を伺う「個別面談」等を実施ます。

※区分所有者支援に関する詳細はこちら