仲介・賃貸営業本部 仲介営業課

すべての社員が、真摯に、誠実にお客様に対応していると思います

2013年入社(総合職)

仲介・賃貸営業本部 仲介営業課

インタビュー

現在のお仕事の内容を具体的に教えてください。

お客様とじっくりお話し、ご事情やご希望を理解する

不動産の売買仲介が担当業務です。土地や部屋を売りたい、買いたいと思っているお客様両方のお手伝いをします。当社が仲介する案件で多いのは、ヘーベルハウスを建設するために、今お持ちの物件を売却したいとお考えのお客様です。お客様から物件の売却をお任せいただき、インターネットに掲載することで、買い手を探すお手伝いもします。その他、戸建住宅を建築するための土地をお探しのお客様に対して、土地をご紹介することもあります。いずれのの場合も、お客様とじっくりお話をし、本音ベースでお客様のご事情やご希望をおうかがいした上、所有されている不動産の種類や適正価格を調査するところからスタートします。

不動産業界に就職されたきっかけは?

街づくり、家づくりがしたい

もともと、小さいときに大工さんになりたかったという夢があり、その延長線で、街づくり、家づくりをしたいと思うようになりました。大学で都市経済論のゼミを選んだのも、街づくり、家づくりにかかわりたかったからです。 旭化成不動産レジデンスに入社を決めたのは、「人柄」と「成長性」を感じたから。人事の方の人柄に触れ、座談会などで先輩社員の話を聞くうちに、丁寧に、かつ真摯に対応してくれる会社だという印象を受けました。また、まだ若い会社なので、自分自身も会社と一緒に成長していけるのではないかという期待もありました。実際、入社以来どんどん社員が増えていますし、毎年目に見えて売り上げの規模も上がってきていて、会社の成長を感じます。

この会社に入ってから身についたスキルを教えてください。

お客様にはそれぞれの背景がある

「お客様の話を聞く力」がだんだんついてきたと思っています。不動産の売り方は基本的には同じなのですが、お客様の抱える背景はさまざま、十人十色です。いくらで、いつ、どう売り出すのが最適かを検討するうちに、極端な話、売らない方がいい場合や、買わない方がいい場合もあります。例えば、権利関係が複雑なので、もっと権利関係を整理してからの方が売却に適している、といった事例もありました。居住中の物件を売却するときには特に、その先の暮らし方のご提案もする必要があります。そのお客様が本当に欲しているものをご提案するためには、まずはお話を真摯にお聞きする能力が不可欠です。その上で、それにお応えできるだけの知識、経験、スキルを身につけていくことが重要になってくると思います。

仲介・賃貸営業本部 仲介営業課

今後どのような成長をしていきたいですか?

「不動産のプロ」としての知識を身につけたい

賃貸、開発、仲介など、不動産業界のすべての分野と言えるほど幅広い部署がある会社なので、そのすべてを経験してみたいと思います。それぞれ専門性が高い仕事ではありますが、いろいろな経験を積んで知識やスキルを蓄えていくことで、お客様の不動産に関するお悩みやご相談に何でも応えられる「不動産のプロ」になれるのではないかと思うからです。なかでも、現在所属している仲介営業所は、不動産の基礎が学べる場所だと思うので、しっかりと経験を積み、ここで成長していきたいです。仲介の世界は本当に奥が深いので、まだまだこれからだと思っています。

御社の自慢できる点、誇らしい部分は?

「旭化成」の人間として誠実であること

誠実に仕事しているところです。不動産業界全体を見ると、世の中には強引な営業手法を用いる会社もあるようですし、困ってらっしゃるお客様は多いと感じます。世間からグレーな業界というイメージを持たれることがあるのも、そういったことが理由の一つだと思います。そのなかにあって、「旭化成」という会社の評価は高く、お客様からの信頼も厚い。その期待を裏切らないよう、すべての社員が、真摯に、誠実にお客様に対応していると思います。

今までで一番うれしかったエピソードをお聞かせください。

売主様から喜んでいただけた最初の案件

初めて仲介した契約のことは忘れられません。配属されてすぐに取り組んだ中古戸建物件の売却依頼だったのですが、オーナー様と二人三脚で何ヵ月も取り組んだにもかかわらず3度も契約が流れてしまい、なかなかまとまりませんでした。半年近くが経過し、もう諦めかけたころ、ようやく良い買主様が見つかり、契約が成立しました。売主様からも喜んでいただけましたし、同じ部署のみなさんからお祝いをしていただきました。辛かった時期が長かっただけに、達成感がありました。

座右の銘/モットーを教えてください。

「初志貫徹」

「初志貫徹」です。最初にこうしようと決意したとしても、仕事に慣れていくうちに、だんだん目的がブレていってしまうこともあると思うんです。いい街づくり、いい家づくりをしたいと思っていたあの頃の気持ちに、いつでも立ち帰ることができるようにしていたいです。

仲介・賃貸営業本部 仲介営業課

インタビュー

8:45
出社

少し余裕を持って出社し、ニュースをチェックします。 お客様とコミュニケーションを図るためにも大切な時間です。

9:00
始業・アポイント準備

メールやFAXのチェックをし、お客様とのアポイントに向け、資料の整理・最終確認をします。

12:00
昼食

お客様宅へ向かいながら、以前から気になっていたレストランで昼食をとりました。営業職の特権ですね。

13:00
お客様との打ち合わせ

はじめてお会いするお客様ですが、雑談に花が咲き、つい長居してしまいました。

16:00
帰社・売却査定

近隣の事例や、情報をもとに売却査定を行います。お客様の資産に係る重大な仕事です。

18:00
資料準備

次のアポイントに向け、資料の準備をします。準備がすべてですので、念入りに行っています。

19:30
退社後

今日は1件契約が決まったので、チームのみんなで軽く飲みに行くことに。明日の仕事に影響が出ない程度にしようと思います。

インタビュー

  • 休日の過ごし方

    映画を見に行くか、飲みに行くか、旅行に行くかです。

    趣味

    映画鑑賞

    出身地

    東京都世田谷区

仲介・賃貸営業本部 仲介営業課
ページトップへ ページトップへ
エントリーはこちら