DESIGNデザイン

覚醒する築地に新たなる
邸宅の象徴を。
エリア最大級全161邸。

FACADE /外観完成予想CG

Facade Design

銀座と築地を彩る新旧の建築にインスパイアされたデザインやインテリア、遠い過去の記憶を呼び覚ますオリジナルアートが土地の物語を住まいに結びます。

Facade Designアーキサイトメビウス株式会社
今井 敦Atsushi Imai

邸宅建築の第一線で活躍するアーキテクトデザイナー。静寂の中の美しさ快適さを表現し利用される方々の感性を刺激し癒す建築空間を追求し続けている。グッドデザイン賞受賞、タイルデザインコンテスト受賞、港区みどりの街づくり賞受賞。

  • ONE AVENUE 一番町文人通り
    2018年竣工・分譲済
  • アトラス諏訪町レジデンス
    2005年竣工・分譲済
邸宅の奥行きが人生の奥行きとなるように、求められる迎賓の美を極めていく。

GLASS ART

かつてこの地は、江戸東京の水運を担った築地川に接していた。
歴史が積層した地中には、往時の家屋を支えた栗の古木が眠っていた。
築地のこの場所固有の物語に通じる「水」と「木」。
邸宅のエントランスは、この2つのエッセンスをアートに昇華し、呼び醒まされた記憶の中に、洗練された迎賓の美を宿す。

Glass Artistマリエンバード工房株式会社
野口 真里Mari Noguchi

主に建築一体となったようなガラス造形による空間アート=アーキテクチュアグラスアートを制作。地元横浜を始め東京・京都・大阪のホテル・商業施設・住宅、医療施設・文化教育施設に納入設置。近年では、香港や上海、シンガポールなど海外の制作も増えている。

  • ザ・リッツ・カールトン
    東京チャペル
  • ザ・リッツ・カールトン
    香港“Tosca”
邸内に広がるのは、襖や屏風をモチーフに、江戸の美をモダンに昇華した迎賓空間。

LOUNGE ART

埋蔵財の陶器にインスピレーションを得て、ジャパンメイドの白磁によって築地の海を表現したアート。
足元には、同じく埋蔵財である栗の古木から削り出した舟状のベンチを。白夜に似せた薄明の中に立ち上がる、海から川へ人と物資を運んだ往時の記憶。眠りから醒めた時の流れに導かれるように、視線と心は邸宅の深奥へ。

1908年に設立された「日本硬貨陶器株式会社」を前身とする石川県金沢市の陶磁器メーカー。創業時から受け継がれるMade in Japanへのこだわりが息づく製品は、原料加工から最終工程に至るまで、すべてが石川県の自社工場で一貫生産。厳しい品質検査を通過した安全・安心、そして美しいテーブルウェアとして、世界中のレストランやホテルで愛用され続けている。

  • ニッコー白山工場
    (2019年11月撮影)

ROOFTOP TERRACE

都心を見晴らしながら、充ち足りた時を愉しむための天空のラウンジ。

※掲載の外観完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器等、再現されていない設備機器等があります。
※家具・調度品は変更になる場合がございます。