CONCEPTコンセプト

CONCEPT MOVIE

アトラス築地コンセプトムービー公開中

築地覚醒 TSUKIJI AWAKENS

江戸から東京への転換期を「迎賓の舞台」※1として牽引した築地。
市場の移転という大きな節目を迎えた今、
都心の華やぎと安らぎ、そして未来の最前席へと覚醒する。
銀座四丁目交差点1km圏。
旭化成不動産レジデンスが贈る、“エリア最大級”※2全161邸誕生。

銀座を日常とする
銀座四丁目交差点1Km圏

銀座四丁目交差点へ歩いて12分。東京メトロ日比谷線「築地」駅へ歩いて3分。
「アトラス築地」は、隅田川の水辺や穏やかに薫る豊かな緑に寄り添う築地6 丁目に、エリア最大級となる全1 6 1 邸のスケールで誕生します。
間近には未来に向かって、都心部最大規模の再開発地区となる築地市場跡地を控え、
いつの時代も洗練をまとった華やぎの銀座をライフステージに、やすらぎと進化をともに享受する暮らしが始まります。

江戸時代から賑わいの中心にあった銀座四丁目交差点

銀座の中心に位置するのが、銀座通りと晴海通りがクロスする銀座四丁目交差点です。この交差点は江戸時代、尾張町四ツ辻と呼ばれ、現在の銀座五丁目・六丁目にあたる尾張町の大通り沿いには呉服店が並び、日々賑わう商業エリアを形成していました。明治に入ると界隈には新聞社が集まり、情報の一大発信拠点へと発展。
世界をも魅了する銀座は、この交差点を常に中心としながら、時代の最先端を歩み続けます。

品と質を見極める本物が集まる街

1.銀座周辺の町並み(徒歩13分/約980m) 2.GINZA SIX(徒歩14分/約1,080m) 3.すずらん通り(徒歩13分/約980m) 4.コニカミノルタプラネタリアTOKYO(徒歩18分/約1,370m) 5.歌舞伎座(徒歩9分/約700m)

国内外のハイブランドはもちろん、新形態の業種などまで、銀座には幅広いジャンルの新店舗が誕生し続けています。これまでの銀座を支え、これからも本物を追求し続ける老舗も健在。そんな銀座の地価公示価格をここ10年で見ると、中央区全体が191%の上昇率に対し、418%も上昇。新旧が互いに共存しながら銀座らしさを守り育てていくこの街の矜持が地価公示価格にも表れ、時代が変わろうとも輝きを放ち続ける銀座を創り上げています。

類を見ないスケールで再開発が進む
築地市場跡地

東京都が所有する約23.1haという広大な築地市場跡地の再開発は、東京の国際競争力の向上に大きく寄与するものであり、
築地のさらなる活性化と注目度に多大な影響を及ぼすものになることでしょう。

将来の再開発が楽しみな
築地市場跡地

築地を有する東京都心・臨海地域は、東京都の外国企業誘致プロジェクト「アジアヘッドクォーター特区」に指定される地域です。さらに東京都は約23.1haに及ぶ広大な築地市場跡地の再開発に対して、「東京ベイエリアビジョン」の中で「新しいブランドの創造・交流拠点」をキーワードに設定。国際的な交流拠点となり、新たな賑わいの場へと進化する市場跡地の将来像が期待できます。

築地市場跡地は
東京ドーム5個分に相当する約23.1ha

現在、虎ノ門、八重洲、浜松町など、都心部の随所で再開発が行われています。その中で築地市場跡地の約23.1haという、これほどのまとまったスケールを備えた地区再開発は、まさに稀有なもの。築地という街自体に大きな影響を及ぼす再開発プロジェクトになると考えられます。

※再開発エリア敷地面積出典 【築地】東京都中央卸売市場HPより(http://www.shijou.metro.tokyo.jp/jouhoukoukai-portal/pdf/gaiyou/30/03.pdf)【東京ミッドタウン】東京ミッドタウンHPより(https://www.tokyo-midtown.com/jp/about/facilities/)【六本木ヒルズ】森ビル株式会社HPより(https://www.mori.co.jp/projects/roppongi/#datasheet)【東京駅前常磐橋PJ】東京駅前常磐橋pJ公式HPより(https://office.mec.co.jp/tokiwabashi/)【東京ミッドタウン日比谷】東京ミッドタウン日比谷HPより(https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/about/facilities/)【東京ガーデンテラス紀尾井町】東京ガーデンテラス紀尾井町HPより(http://www.tgt-kioicho.jp/about/)【虎ノ門ヒルズタワー】森ビル株式会社HPより(https://www.mori.co.jp/projects/toranomonhills/)【虎ノ門・麻布台地区市街地再開発】森ビル株式会社HPより(https://www.mori.co.jp/projects/toranomon_azabudai/)

再開発前後の周辺相場上昇率

※周辺相場については、再開発物件と同じ最寄駅から徒歩10分以内の物件を対象(タワー物件及び主力1R物件を除く)※対象期間:発売が1995年1月∼2019年10月15日まの物件で、竣工が2004年1月∼2019年12月までのMRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータ範囲内(有)エム・アール・シー●最寄駅入力は物件販売時のMRC入力時登録駅に基づく●20階以上、主力1K/1R物件除く

「築地」駅徒歩3分
エリア最大級全161邸
もたらす資産価値

「築地」駅徒歩3分にありながら、全161邸というスケールで誕生する「アトラス築地」は、資産性という面からも希少性の高いマンションです。

約580坪住宅密集地の共同化で実現した駅近・エリア最大級物件

「アトラス築地」は、再開発事業に強い旭化成不動産レジデンスだからこそ可能となったプロジェクトです。以前は細い私道を真ん中にして、37棟の狭小住宅が連なる一画でした。細分化された住宅密集地の地権者お一人お一人の同意を得て共同事業者とし、希少な四方接道・エリア最大級スケールのプロジェクトが実現しました。

  • 〈建替え前の敷地と私道〉
    過去の土地売買で、私道のみ未登記であったケースや、相続人の特定が困難な敷地など、関係権利者 100名超。
  • 〈建替え前の敷地と私道〉
    過去の土地売買で、私道のみ未登記であったケースや、相続人の特定が困難な敷地など、関係権利者 100名超。

駅徒歩3分将来も資産価値が下がりにくい傾向にある駅徒歩3分の価値

マンションを中古として販売する場合、一般的に駅に近いほど利便性 の高さで人気があり、資産価値が下がりにくい傾向にあります。駅徒歩3分以内のマンションは右のグラフを見てもお分かりの通り、108.3% と特に高い資産性を維持。「築地」駅徒歩3分の良好なアクセスを誇る「アトラス築地」は、日常生活の面でも将来的な視点から見ても高いメリットを発揮するマンションといえます。

※東京カンテイ調べ/2007年7月∼2010年6月に新規分譲され、2018年7月∼2019年6月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出 ※専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外

全161邸エリア最大級※1、全161邸のメリット

価格維持率を示すリセールバリューは、マンションの戸数規模によっても左右されます。市場における築10年の中古マンションの平均リセールバリューは、ほぼ現状維持の100.7%。対して150戸以上のマンションでは109.6%となっており、購入時の指標として戸数規模にも注目すべきというメリットが客観的に示されています。

※東京カンテイ調べ/2007年7月∼2010年6月に新規分譲され、2018年7月∼2019年6月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出※専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外※1:2009年1月以降23区で新規発売された物件のうち、中央区築地アドレスで総戸数100戸以上の物件は1物件のみ。[MRC・2019年5月号調べ:2009年1月∼2019年4月15日までのMRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータの範囲内(MRC入力ベースで1期・新規販売が2009年1月以降の物件のみ

中央区資産性・利便性が高く、住む街として高評価。さらに将来性が期待できる「中央区」

※1:2019年地価公示区市町村別用途別平均価格表(商業地)/2019年1月現在※2:統計でみる市区町村のすがた2019より(発行元/総務省統計局)※3:住民基本台帳(国勢調査をもとに2010年∼2019年の10年を比較)/2019年1月現在※4:2014年「HOME’S」アンケート調査※5:平成29年東京都人口動態統計年報より※6:合計特殊出生率とは、15歳から49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの。1人の女性が仮にその年の年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子供の数に相当する。※7:警視庁区市町村の町丁別罪種別及び手口別認知件数より(2018年年計:総合計数を23区で比較)

贅沢な集合私邸を実現する、
四方接道という稀有な敷地。

1F断面完成予想CG

独立性が高く開放的な四方接道立地

「アトラス築地」は都心ではまさに希少といえる、周囲に対して離隔を確保した四方接道の好立地に誕生します。ここに陽射し豊かな暮らしをお届けするために、南東向き住戸が中心となるよう住棟を配置し、明るく開放的な住まいを実現しています。

大通りから一本入った 静かなロケーション
「アトラス築地」は、賑わう晴海通りから1本奥まった一画に、その美しい姿を現します。都心の喧騒を忘れてしまう静けさと落ち着きに包まれた立地です。
●窓先のゆとり感が向上する 2m以上壁面後退
四方の道路幅に加え、道路境界線より2m以上壁面が後退。周辺の建物 との間にさらなる空間が確保され、窓先のゆとり感が高まります。
敷地配置図・1階平面図

邸宅の趣きを際立たせる品格ある車寄せ

車のエントランスとなる車寄せを屋内に設置。
車でお出かけやご帰宅される際、天候を気にすることなく乗降できます。

※対象期間:2009年1月∼2019年11月15日までのMRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータの範囲内 ※データ資料:MRC・2019年12月号 作成2019.12.18 (有)エム・アール・シー

車寄せ 完成予想CG

開放感を楽しむ屋上テラス

床にウッドデッキを敷き詰め、視界を遮らない低木で彩った屋上テラスをご用意。皆様に お使いいただける共用の空間でありながら、プライベートな時を持てるよう家具をレイアウト。 豊かに広がる眺望を堪能しながら、思い思いにお過ごしいただけます。

※ご利用に際して管理規約をご参照ください。

屋上テラス 完成予想CG

ヘーベルハウスで培った
ロングライフ住宅の追求

旭化成不動産レジデンスが「アトラス築地」に込めた住まいづくりへの想いは、世代を超えて、時代を超えて、快適さを深めていく、ロングライフ住宅を創造することでした。ヘーベルハウスで培ってきたノウハウを存分に生かしながら、独自の商品開発「アトラス企画ラボ」から生まれた 「永住性」「機能性・快適性」「安心・安全性」の3つの視点から住まいをデザイン。末永く快適に暮らすことができる確かな住クオリティをお届けします。

永住性を高めるSI(スケルトン・インフィル)工法

SI工法の採用で、リフォームの自由度が大きく向上

自由度の高い間取り変更を可能にするのがSI工法の特徴です。そこに、たとえば絆をテーマとした子育て世代のコミュニケーションを深める「+NEST」など、 ヘーベルハウスのプランニングを付加することで、将来の暮らし方の変化やライフサイクルに応じて、いつの時も心地いい住まいを実現することができます。

SI工法のメリット
  • 1)住戸内のパイプスペースが不要となり、専有面積をより有効に使えます。※但し、エアコン用の先行冷媒管・ドレン管が通るパイプスペースはあります。
  • 2)主に共用部のみで作業ができ、配管設備のメンテナンスが容易に。適切なメンテナンスで、長いサイクルで使える住まいを実現します。※作業内容によっては住戸内に立ち入る場合があります。
  • 3)深夜などに気になりがちな排水竪管を通る排水音が聞こえにくくなります。
  • 4)間取り変更など、リフォーム工事の制限を軽減します。※リフォームの詳細につきましては、管理規約をご参照ください。
  • 5)リフォーム・リノベーションの容易さで、資産価値の維持・向上が期待できます。

※掲載の写真は、2018年7月に撮影。周辺環境は将来変わる場合があります。
※1:「迎賓の舞台」とは、明治維新の頃の築地界隈に、外国人の宿泊・商談の場となった築地ホテル館や外国人居留地があったことに基づく表現です。
※2:2009年1月以降23区で新規発売された物件のうち、中央区築地アドレスで総戸数100戸以上の物件は1物件のみ。[MRC・2019年5月号調べ:2009年1月~2019年4月15日までのMRC調査・捕捉に基づく
分譲マンションデータの範囲内(MRC入力ベースで1期・新規販売が2009年1月以降の物件のみ/表示物件数は本調査段階におけるMRC捕捉・入力済みの合計/沿線・最寄駅は物件販売時のMRC入力時のデータに基づく)]
※掲載の現地周辺の航空写真は2019年5月に撮影したものです。また、現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。周辺環境は将来変わる場合があります。
※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器等、再現されていない設備機器等があります。また、植栽は特定の季節や樹種および入居時の状態を想定して描かれたものではありません。