Landscape

落ち着きある低層住宅街区に、
1,000坪超の広大な土地を。

これほど広大な土地とは、このエリアではもう二度と出会えないかもしれません。総敷地面積は、実に1,000坪超。個人邸が多い荻窪三丁目アドレスの中では、ひときわ広大な敷地です。もともと大田黒邸の一部だったこの土地は、「旭化成荻窪寮」として開発され、隣接する「大田黒公園」と共に良質な住環境を守り継いできました。
旭化成ゆかりの地だからこそ出会えた、かけがえのない舞台です。

語り継がれる地に、
ふさわしく。

中庭完成予想CG

空中廊下 image illustration 空中廊下概念図

4つの中庭とガラスの内廊下が、
開放感と独立性を高める。

空中廊下 image illustration 空中廊下概念図

建物内1階フロアには、4つの中庭を。中庭上部をガラス張りの吹き抜けとすることで、緑と風を招き入れる開放感を演出。さらに、内廊下・空中廊下の実現で、各住戸ごとの独立性も高めています。

敷地配置 image illustration
カフェラウンジ image illustration

離れのような共用棟に、
語らいのラウンジを。

カフェラウンジ image illustration

この地で生まれる新たな交流の場として、まるで“離れ”のように独立した共用棟を設けました。パーティーなど多目的に利用できるスペースには、キッチンも設置。上質なホテルのカフェラウンジを思わせる、居心地よく洗練された空間に仕上げています。

敷地配置 image illustration
ガーデンテラス image illustration

邸園の緑を一望するガーデンテラス。

ガーデンテラス image illustration

屋上には、晴れやかな開放感が満喫できるガーデンテラスを設けました。芝生で緑化されたテラスを 散策し、備え付けのベンチでゆったり時を過ごす。隣接する「大田黒公園」の緑を一望、ひときわ 潤いあふれる風景が愉しめます。

敷地配置 image illustration
桜の記憶を受け継ぐ、
迎賓の空間。

新たな桜の名所となる、エントランス前庭からさらに建物内に歩を進めると、天井高約4.8mを誇る吹き抜けのエントランスホールが。
壁一面の大きな窓をキャンバスに見立て、絵画のように桜を望む風景を愉しむ。美しい開放感あふれる 空間にデザインしています。

外観完成予想CG

※掲載の敷地配置image illustrationは現地及びその周辺をイメージで書き起こしたもので、実際とは異なります。また特定の季節を再現したものではありません。
※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器等、再現されていない設備機器等があります。
植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。