DESIGN

外観完成予想図

倉敷駅と美観地区を紡ぐ、
倉敷の新しいランドマークとなる。

「アトラス倉敷ル・サンク」が誕生する再開発事業では、
倉敷市の玄関口にふさわしい街づくりが目標とされ、
建築デザインに対しても“倉敷らしさ”が感じられることを重視。
駅前エリアの都市性、美観地区に息づく伝統様式といった、
立地特性から導かれる要素を活かしつつ、
倉敷の新たな発展を象徴し、街の誇りとなる景観を
創造することが目指されています。

FACADE

雄大なフォルムに上品な優美さが
麗しく映えるファサードデザイン。

広大な敷地に、偉容を誇る建物が建ち並ぶ街区計画。各建物が存在感を主張しつつ、統一感も生み出すよう、ファサードは全体的に美観地区の白壁を想起させる白と黒を基調とした色彩でコーディネート。マリオンとスラブラインを組み合わせたグリッドデザインや色調の異なるガラス手摺によるコントラストなどで、変化のあるモダンな表情を創出しています。

MATERIAL

伝統と洗練が融合する
街の気風に即した建築表現。

倉敷は、歴史や伝統を重んじ、大切にしながら、新しい文化を積極的に取り入れて発展してきた街。そんな倉敷ならではの美質を建物に活かすべくデザインを構想。日本伝統の素材や色調にこだわり、それを現代的に昇華させた仕様で建物をコーディネート。華美な装飾ではなく、落ち着いた雰囲気を漂わせる上品で洗練された外観デザインを目指しました。

ARCHITECTURAL DESIGN

伝統様式を活かした
独創性豊かな造形デザイン。

建物のファサードデザインには、なまこ壁やレンガなどをモチーフとした和の意匠を取り入れ、街への敬意を表現。また、建物を雁行配置し、大庇と縦格子をアクセントに統一感を創出し、周辺の街並みとの調和にも配慮。日々利用されるメインエントランスには、見た目の美しさはもちろん、安心感も感じられるような意匠を計画しています。

設計

株式会社アール・アイ・エー

一級建築士

辻村 一義 氏

外観完成予想図

エントランスアプローチ完成予想図

心地よい高揚感とともに、
プライベートシーンへと誘われる。

ENTRANCE APPROACH

迎えられる歓びを実感できる
エントランスアプローチ。

広々としたスペースに、上質感のあるタイルを敷きつめ、ボーダータイル貼りの大きな壁で風格を創出。重厚感のある庇が大きく張り出し、存在感を主張。彩り豊かな植込が和らいだ雰囲気を演出します。迎えられるたび、誇らしさを感じられるエントランスアプローチです。

SUB ENTRANCE APPROACH

大規模レジデンスの利便性を
高めるサブエントランスアプローチ。

駅を利用する際のよりスムーズな動線を確保するため、東向き住棟の北側にサブエントランスアプローチを設けました。サブエントランス専用のエレベーターも設置しており、利用者の分散を実現します。また、街区中央部に出店予定の商業施設を利用する際にも便利です。

サブエントランスアプローチ完成予想図

資料請求受付中

資料請求受付中

※掲載の外観完成予想図は、設計図書に基づいて描いたもので、実際とは多少異なる場合があります。また、監督官庁の指導、施工上の都合により設計変更になる場合があります。予めご了承ください。
※掲載の完成予想図およびイメージイラストは、設計図書に基づいて描いたもので、実際とは多少異なる場合があります。また、監督官庁の指導、施工上の都合により設計変更になる場合があります。予めご了承ください。
※掲載の外観完成予想図は、設計図書に基づいて描いたもので、実際とは多少異なる場合があります。また、監督官庁の指導、施工上の都合により設計変更になる場合があります。予めご了承ください。
※掲載の完成予想図およびイメージイラストは、設計図書に基づいて描いたもので、実際とは多少異なる場合があります。また、監督官庁の指導、施工上の都合により設計変更になる場合があります。予めご了承ください。