周囲と一線を画す、豊かさの系譜。周囲と一線を画す、豊かさの系譜。

その舞台は約21万8千坪という広大な加賀藩前田家下屋敷跡地。
その中でも「アトラス加賀」が誕生するのは、アドレスにその名を戴く「加賀一丁目」。
下屋敷庭園の名残を唯一留める「加賀公園」を間近に、水と緑に囲まれた潤いある環境に住む。
それは、心地よさとともに、加賀に住む誇りを手に入れることでもあります。

大名屋敷跡地に住む、
という数少ない至福。

前田家上屋敷であった東京大学本郷キャンパスと同家下屋敷であった加賀エリアは、共に周囲と一線を画した緑豊かな景観が今も残っています。
さらに東京大学本郷キャンパスは文京区役所に近く、加賀エリアも区役所や警察署など区の重要な公共機関のそばにあることから、共に区の中枢に位置しているといえます。

東京大学本郷キャンパス(加賀藩前田家上屋敷)

<主な下屋敷跡地>

  • 有栖川記念公園(港区南麻布/盛岡藩南部家下屋敷)
  • 新宿御苑(新宿区内藤町/高遠藩内藤家下屋敷)

三方に緑と水を
従えるという贅沢。

その加賀にあって、「アトラス加賀」は、北東側に石神井川の水と約1,000本にもなる桜並木、
南東側に前田藩下屋敷庭園の名残を留める「加賀公園」へと続く緑、
そして南西側には板橋区内の最も古い公園であり、
板橋区登録記念物(史跡)にも指定された「板谷公園」に囲まれた地に誕生。
三方に豊かな緑と水を従えるという贅沢な環境は、加賀アドレスの中でもこの地だからこそ得られるものと言えます。

旭化成創業者が残した歴史深い地を今に。

板橋区加賀エリアに残されていた広大な敷地。
それは旭化成の創業者であり野口研究所の創始者・野口遵氏が守り抜いてきたものです。
石川県・加賀出身である野口氏の故郷への想いを大切に受け継ぎ、
新たな板橋区加賀の象徴として、「アトラス加賀」は誕生します。

  • 旭化成創業者
  • 新設野口研究所
ONE KAGA TOKYO ここに、豊かさの粋を究める。

※2018年7月に撮影した画像にCG加工を施しており実際とは異なります。
※掲載の写真は現地上空より現地および周辺を撮影(2018年6月)したものにCG加工を施したもので、実際とは異なります。