旭化成不動産レジデンス

その姿は、やがて街の誇りとなる。
都市景観に映える美しきツインレジデンス。
めざしたのは住まう人や街ゆく人々にとって誇りとなるようなレジデンスデザイン。
上質かつ個性を主張するスタイリッシュな佇まいは、街並みにひときわ映える憧れの存在となります。
[東側眺望]15階相当から生駒山系を望む(平成29年11月撮影)
[西側眺望]15階相当からあべのハルカスを望む(平成29年11月撮影)

重厚な設えと柔らかな光が、
住まう方を優雅に出迎えるエントランス。
賑わいの都心に開かれたエントランスは、その先に待つプライベートな時間への序章。天然石を採用した基壇部や重厚感ある門構え、風除室の透かし積みレンガからこぼれる柔らかな灯り。扉を静かに開くたびに、オンからオフへと心がやすらいでいくことを実感していただけます。

中庭の緑を借景に上質な空気が漂う、
歓待のエントランスホール。
風除室を抜けると、四季折々の美しい風景を見せる中庭を望む、落ち着きのあるエントランスホールが住まう方をあたたかく迎えます。壁に配した質感豊かな透かし積みレンガと天然石、間接照明や中庭から射し込む柔らかな光の連続性が、奥行きのある空間を創出。ソファで静かに寛げる歓待の場としました。
都心居住に寛ぎと潤いを届ける、贅沢なプライベートステージ。
1フロア・4〜5邸の住戸配置、
開放性と独立性を兼ね備えたマスタープラン。

「アトラス天王寺」は、東西に長い敷地形状を活かした住棟配置により、1フロア・4〜5邸のプライベート性の高いフロアプランとしました。これにより、通風・採光に優れた角住戸率を約80%確保し、開放感ある住空間を実現するなど都市居住にふさわしいこだわりを追求しています。

1平面式・機械式駐車場
車の出入れがしやすい平面式駐車場7台、機械式駐車場18台、計25台分を確保しました。
2バイク・ミニバイク置場
屋内スペースにバイク置場2台分、ミニバイク置場4台分を確保しました。
3自転車置場
暮らしの足回りをサポートするスライドラック式(上部はラック式)自転車置場104台分を確保しました。
4宅配ボックス
留守中に届いた荷物を24時間いつでも受け取ることができる宅配ボックスを設置しました。
5ペット足洗い場
「アトラス天王寺」はペットと暮らせるマンションです。お散歩帰りに便利なペット足洗い場をご用意。※1
6歩車分離動線
建物内へ歩行者が安心して出入りできるように、人と車、バイク、自転車のアプローチを分離しました。
7ロボットゲート
駐車場の出入口には、不審車両の進入を抑制するリモコン操作式ロボットゲートを設置しました。
四季折々の表情に心潤される、
彩り豊かな植栽計画。
  • コナラ
  • アラカシ
  • サザンカ
  • ヤマザクラ
  • ガクアジサイ
  • モミジ
表情豊かな素材を厳選した、
スタイリッシュな意匠。
外壁は淡いアースカラーのタイルを基調に、ガラス素材を組み合わせクリアな色調でまとめました。また、東面バルコニーの一部に縦格子手摺やエントランスの天然石などの異素材のコーディネートが建物全体にスタイリッシュな印象をあたえます。
株式会社IAO竹田設計は1976年設立以来、Internationality(国際性)、Accordance(環境との調和)、Originality(独創性)を軸に、リゾート開発や商業施設、医療・福祉施設など住宅に留まらない建築設計を手がける企業。そのなかでも2015年度にグッドデザイン賞を受賞するなど集合住宅建築は高い評価を受けている。田中氏も数多くの集合住宅を手がけている。

※掲載の東側外観完成予想図は建物を東から見たアングル、西側外観完成予想図は西から見たアングルをそれぞれ描いたものです。実際の位置関係を示したものではありません。※掲載の外観完成予想図は設計図書を基に描いたもので、官公庁の指導または施工上の都合等により、形状、仕様、色調、植栽等が変更となる場合があります。また、描かれている植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描いたものではありません。尚、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。※現地眺望環境は今後変わる可能性があり、将来に渡って保証されるものではありません。
※掲載の完成予想図・イメージイラストは設計図書を基に描いたもので、官公庁の指導または施工上の都合等により、形状、仕様、色調、植栽等が変更となる場合があります。また、描かれている植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描いたものではありません。尚、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。植栽写真はすべてイメージです。あらかじめご了承ください。※1.ペット飼育には、管理規約に基づく一定の制限があります。詳しくは係員までお尋ねください。