千里ニュータウン、50年の成熟をその先の50年へ。
わが国初のニュータウンとして1962(昭和37)年にまちびらき。

千里ニュータウンは、住宅都市の理想形を目指し、広大な地域の都市基盤整備を実現する「新住宅市街地開発法」が初めて適用された、わが国初のニュータウンです。開発以前の千里は、樹林や竹林におおわれた緩やかな丘がうねるように重なり、美しく壮大な風景を描いていました。その約1,160haもの丘陵地に街づくりが始まったのは1958(昭和33)年。最初の街区への入居が始まったのが1962(昭和37)年。1970(昭和45)年には事業が完了し、その後の多摩ニュータウン(首都圏)や泉北ニュータウン(大阪南部)へと続く、大規模住宅都市開発の歴史がここに始まりました。

最初に着工された佐竹台 約40年前のニュータウンの街並
田園都市理論を導入し、その後の住宅開発の基本モデルに。

「健康で文化的な住宅都市」の建設を目指し、街づくりに当たってはイギリスで生まれた田園都市理論を導入。ロンドン郊外のレッチワースなどをモデルとし、広大な街区に広々とした道路、良質の集合住宅や戸建住宅がゆったりと配置され、それらを豊かな自然が抱く快適な街づくりが行われました。この新しい住宅都市スタイルは日本中から注目を集め、その後の住宅都市開発の基本モデルとなっています

北大阪急行・新御堂筋が都心を結び利便性の高い都心型住宅都市を形成。

千里は御堂筋線と大阪中央環状線が交わる北大阪の交通の要衝で、大阪から10~15km圏の恵まれた立地条件にあります。1970(昭和45)年には、北大阪急行と地下鉄御堂筋線の相互乗り入れが開始され、大阪都心と直結する交通インフラも充実。その後、ニュータウンを東西に走る大阪モノレールも開通し、ニュータウンの中核となる千里中央は、北大阪の新都心として位置付けられ、今に到っています。

開通当時の北大阪急行と新御堂筋 現在の新御堂筋(国道423号線)
住宅地は広い道路、多くの緑地・公園で構成され、50年の時を重ね、街並みは豊かな成熟の佇まい。

千里ニュータウンの住宅地は、並木を配した広々とした街路がめぐり、ゆとりある街並みを形成。ニュータウン内には約88haもの緑地帯や、3つの総合公園をはじめとした大小さまざまな公園が整備されていて、公園や緑地の比率は開発面積の約23%にもなります。街路の並木や公園の樹々は50年の成熟を重ねて豊かに繁り、日々の暮らしに心地よい憩いと潤いをあたえてくれます。

現在周辺の街並(平成26年5月撮影)
現在周辺航空写真(平成26年5月撮影)
日本初のニュータウンは、今や関西を代表する文化・学術・研究ゾーンに。

千里ニュータウンの周辺には、1970(昭和45)年に開催された万国博覧会EXPO'70を機に大阪大学が移転・整備されるなど、ベッドタウンに加えて新たな機能が加わりました。今ではニュータウンを中心とする“広域千里”に、関西を代表する「文化・学術・研究ゾーン」が形成されています。

「桃山台」エリアは千里ニュータウンにおける都心直結のフロントゾーン。

千里ニュータウンには、大阪都心を結ぶ地下鉄御堂筋線~北大阪急行と阪急千里線、ニュータウンを東西に横切り、西は大阪空港、東は万博記念公園から門真方面へと伸びる大阪モノレールが通り、充実した交通インフラが整備されています。ニュータウン内の北大阪急行、阪急千里線には「桃山台」「千里中央」「南千里」「北千里」と4つの駅がありますが、その中で「桃山台」駅は都心に近く、約16分で地下鉄御堂筋線「梅田」駅へアクセスできます。この「桃山台」駅を最寄り駅とする「シンフォニア新千里南町ガーデンズ」が立地するエリアは、千里ニュータウンのフロントゾーンに当り、交通の利便性にも恵まれて、新たなニュータウン住民が集う生活舞台づくりを目指した多彩な開発事業が着々と進展しています。

次の50年へ向け、生まれ代わる街並みに、新たな多世代の集住を目指す。

千里ニュータウンの開発が始まったのは、戦後10余年を経て日本社会が高度経済成長期へと移行しつつあった時代です。人口の大都市集中に伴う住宅不足が深刻化するなか、大量の都市流入人口の受け皿として開発され、戦後のベビーブームから生まれた大量の子育て家族の憧れをかなえる住宅都市として成長を続けました。21世紀に入ると、これからも活力を保ち、永住にふさわしい魅力あふれる街として持続していくために、街のさらなる活性化を目指す開発事業が始まりました。豊かな自然と成熟の環境は守りながら、建物や施設をリノベーションする駅前を中心とした再開発事業や、集合住宅の建替えが進展しています。ニュータウンの各エリアでこうした再生事業が進み、美しい緑に寄り添う新しい街並みが姿を現わしました。日本最初のニュータウンは今、その50年の成熟を新たな50年へ向け、さらなる進化を続けています。

資料請求はこちら来場予約はこちら

| トップ | アクセス | ロケーション | 千里ニュータウン | 外観・共用 | 間取り | モデルルーム | 設備仕様 | セキュリティ・構造