メニュー 閉じる

よくあるご質問

ヘーベルハウスを売却しようと思っていますが、旭化成不動産レジデンス(株)に依頼するとどのようなメリットがありますか?

主なメリットは以下の通りです。

  1. ヘーベルハウスの価値を反映した査定を実施(無料)
  2. ヘーベルハウスに詳しいスタッフ(ストックヘーベル販売士)が対応
  3. 建物履歴やアフターサービスの説明で買主様も安心
  4. リフォームや資産運用相談などバックアップ体制が充実
  5. 登録制度によるストックヘーベルハウス市場の活用
  6. インターネットを利用した情報公開

「売却査定」って何ですか?

物件が売れるであろう金額を算出することです。この金額を参考に実際に売出す価格は売主様が決定します。なお旭化成不動産レジデンス(株)ではストックヘーベルハウス独自の査定法を採用することで、合理的かつ売主様、買主様双方にご納得いただける査定を実践しています。

独自のストックヘーベルハウス査定法はこちら

売却査定にはお金がかかりますか?

無料で実施していますので、お気軽にご相談ください。

売却査定のお申し込みのフォームはこちら

売却査定をしてもらう前に建物の中をみせなければならないの?

原則内部を拝見します。査定項目には陽当たりや通風、内部の使用状況などもあり図面ではわからないことが多いからです。適切な査定のためには必要なステップとご理解ください。

売却査定のときに準備をしておくことはありますか?

土地建物の権利書と新築時の建築確認申請書をご用意ください。土地の測量図があればなお結構です。

内装の一部に破損部分があります。直す必要がありますか?

破損の内容にもよりますが、基本的には大規模なリフォームは必要ありません。
しかし、内装のリフォームがなされた物件は購入希望者様の印象もよくなりますし、査定金額にも反映されることになりますので、例えば壁紙の破損等の場合であれば、張替え・修理などはおこなわれたほうがベターだと言えます。

売却にはどんな諸費用がかかるのですか?手取りはどのくらいになるのでしょうか?

売買代金から売却にかかわる諸費用を差し引いたものが手取り金額となります。主な諸費用は、印紙代や所得税・住民税等の税金、仲介手数料があります。場合によっては、抵当権の抹消に関する費用や土地の測量費なども必要となります。実際の手取り金額につきましては当社営業担当者が算出いたしますので、お気軽にご相談下さい。

こちらのフォームよりお問い合わせください。

「買取保証制度」と「住みかえ楽々ローン」について知りたいのですが。

買取保証制度とは、(専属)専任媒介契約を前提に一定期間の販売活動を経ても、売却できなかった場合には、予め決めた価格で買い取る制度です。
住みかえ楽々ローンとは、その制度を利用される売主様を対象に、売却先が決まっていない場合でも住み替え先が決定していれば、買い取り金額をつなぎで融資する当社ならではの制度です。 お住み替えの際のめんどうな仮住まいや引越しが不要となるばかりか、実際の売却価格が買い取り金額を上回った場合にはその差額が余裕資金としてお手元に残ります。

住みかえ楽々ローン・買取保証制度のページで詳しくご説明しています。

建物を売ると税金がかかると聞きましたが?

不動産を売却されて譲渡益が出た場合には所得税・住民税がかかりますが、ご自宅の売却の場合には、3000万円の特別控除や居住用資産の特例を利用することにより、課税されないケースがあります。詳しくは、当社営業担当にご相談ください。

こちらのフォームよりお問い合わせください。

建物の見学はどのように行われるのですか?

購入希望者様が見学する方法には2種類あります。

●内見
購入希望者様が物件内部を見学することです。
内見希望が入った場合、居住中のケースでは案内時に売主様にもお立ち会いいただきます。
●オープンハウス
主に空家のケースで実施されています。
これは決められた日時内であれば、自由に購入希望者様が見学できる販売イベントです。

見学にきた人には、必ずすべての部屋をみせなければいけないのでしょうか?

ご家族にご高齢者がいらしたり、受験を控えたお子様がいらっしゃる等のご事情がある場合には、あらかじめ購入希望者様におことわりして、一部の部屋の見学を遠慮していただくことは可能です。

抵当権がついていますが、売却は可能でしょうか?

抵当権を抹消すれば、ご売却は可能です。手続きや費用についての詳細は、当社営業担当にご相談ください。

こちらのフォームよりお問い合わせください。

売買契約のとき何を用意すればよいのでしょうか?

不動産売買契約時に売主様にご用意いただくものは以下の通りです。

  • 権利証
  • 実印
  • 印鑑証明(3ヶ月以内のもの一通)
  • 建築確認通知書・検査済証
  • 固定資産税納付書
  • 印紙代
  • 仲介手数料の半額(消費税および地方消費税含む)
  • 運転免許証等ご本人様と確認できるもの
  • ※ケースによっては上記以外のものが必要となることもありますので、詳しくは当社営業担当からご説明申し上げます。

引渡時期はどのように決めればよいのでしょうか?

売主様と買主様の相談で決まりますが、あらかじめ売出し時の条件として、売主様が期日を指定することもできます(○○年○月以降など)。
売買契約から引渡しまでの期間は極端な例では即日、あるいは1年先というケースもありますが、一般的には売主の引越し準備(居住中の場合)や買主様のローン手続きの関係もあり、 2ヶ月前後というケースが多いようです。

契約時に決めることは契約金額や支払条件、引渡時期だけですか?

契約時にはそれらの他、建物に関し買主様に伝えておきたいこと、例えばエアコンや照明器具を残すのか取り外すのか、庭木はどうするのか、門扉や車庫に不具合な部分はないのかなどを確認し書面で交わしておきます。

引渡のとき何を用意すればよいのでしょうか?

引渡時に売主様にご用意いただくものは以下の通りです。

  • 権利証
  • 実印
  • 印鑑証明(3ヶ月以内のもの一通)
  • 固定資産税納付書
  • ガス・水道他清算領収書
  • 建築確認申請書・検査済証・土地測量図・設備の取扱説明書等
  • 住まいのしおり(ホームサービス課の連絡先・使用方法等が記載されたもの)
  • 仲介手数料の残額(消費税および地方消費税含む)
  • 建物の鍵
  • ※ケースによっては上記以外のものが必要となることもありますので、詳しくは当社営業担当からご説明申し上げます。

売却、活用のご相談はWEB・お電話で受け付けています。

へーベルハウスに限らず、ご自宅の住み替え、空き家の売却活用、遊休地の活用
など、不動産に関するお悩みを広くお受けしております。
お気軽にご相談ください!

TOPへ戻る