事例・コラムアーカイブ

「不動産の相続登記はいつやるの?」

さて、今回は「相続未登記」事例についてのご紹介です。

表題の様な問合せやご質問はよくあります。
建物やのその建設地などが、
亡き祖父の名義のまま
亡き祖母の名義のまま
亡き夫の名義のまま
場合によっては、
父母が離婚後、家を出たお父様の名義のままお父様がご他界...
などといったご相談もあります。
この問題、何が問題なのでしょうか?

それは当該地が「相続人全員の共有物だ」ということです。

仮に相続の開始が発生後未登記で放置されていたとしても登記そのものは義務ではないのでいいじゃないか、というご意見があるかもしれません。確かに「義務じゃないしお金もかかるし今困ってないからいいじゃないか。兄弟も私がここをもらうことで納得しているし...」といえばそうかもしれません。

でもこの場合ポイントになるのは、'相続未登記=相続未分割'になっていませんか?ということです。'相続未分割'ということは、'相続人の共有財産'ということになります。つまり当該地に「家を建てる」「売却する」などの行為を行う際には、常に相続人全員の許可(具体的にはハンコをもらう)が必要となります。
もしかして'遺産分割協議書'がきちんと結ばれているなら登記はいつでもできるので良い、と考えることがあるかもしれませんが、これももし協議書に署名されている方がご他界された場合はその相続人に相続されていますので、登記の際は、その相続人を含める必要が出てきます。
(先日も相続人が20名様いらっしゃるケースがあり、所在を探すだけで一苦労といった事例がありました。というか、まず相続人がどなたで何名存在するか、調べるのに一苦労でした。)

従兄弟同士で遺産分割協議
叔父と姪で遺産分割協議
先妻の子と後妻の孫で分割協議...
等々、組み合わせを考えると、ちょっとハードル高いとお感じになりませんでしょうか。

やはり相続については、発生した際にその相続人皆様が遺産分割協議をし、登記まで完了しておかれるのが、お子様やお孫様の為となります。
ご先祖様が残してくれた大切な財産。有効利用を考えるのは勿論重要ですが、ご家族不和の種にならない様に整理するのも親御様の努めではないか、と思います。
是非これを読まれた方で「そういえばうちはまだだな」という方がありましたら、早速動かれてはいかがでしょう。

相続も病気と同じで早めの対処が肝要...ですね。

■お問い合わせはこちら■

旭化成不動産レジデンス株式会社 ソリューション営業部

フリーダイヤル:0120-952-221

事例・コラムアーカイブ一覧へ戻る

Page Top

事例・コラムアーカイブ

お問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

お電話の場合 0120-952-221 受付時間:平日 午前9時から午後6時