沿革
1972

旭化成不動産レジデンス(株)の前身、三旭都市開発(株)創業

1975

不動産事業部を住宅事業部に改称

1976

日本の大規模マンションの先駆けとなるサンシティ(板橋区)を三井不動産(株)と共同開発

1989

「サンシティけやき台」分譲開始

1990

等価交換手法による「ラウム祐天寺」完成

1991

分譲マンション事業開始

アトラスシリーズ第一号となる「アトラス六甲山手」発売

1994

旭化成不動産販売(株)設立

1995

「都民住宅」管理指定法人資格取得

宅地建物取引業大臣免許取得

旭化成マンション友の会「アトラスクラブ」設立

1996

旭化成不動産情報ネットワーク「ACE」発足

1997

マンション管理事業開始

1998

賃貸24時間管理サービス開始

1999

新・長期一括借上げシステム開始

「ストックヘーベルハウス」流通事業開始

2000

旭化成初の超高層マンション「アトラスタワー小石川」(都心共同住宅供給事業)着工

2001

旭化成初の市街地再開発事業「アトラスタワー北千住」着工

「AMSA」30年一括借上げシステム開始

2002

同潤会江戸川アパート建替え決議

2003

全国初「マンション建替え円滑化法」による建替え決議(新宿諏訪町住宅)

旭化成不動産(株)に社名変更

2006

「ベルティス」サービス提供開始

2007

「アトラス国領」完成

ひぐらしの里中央地区市街地再開発「ステーションガーデンタワー」完成

2008

「アトラス江戸川アパートメント」がグッドデザイン賞受賞

優良ストック住宅推進協議会「スムストック」設立

2009

「アトラス国領」、「アトラス野毛山」がグッドデザイン賞ダブル受賞

2011

旭化成ホームズ(株)より不動産開発事業の移管を受け、旭化成不動産レジデンス(株)に社名変更

旭化成不動産コミュニティ(株)設立、マンション管理事業を移管

2012

賃貸管理戸数5万戸達成

2013

旭化成賃貸サポート(株)設立

「マンション建替え研究所」がグッドデザイン賞受賞

2014

旭化成の賃貸仲介ブランド「ヘーベルROOMS」の直営店舗「ヘーベルROOMS新宿」開設

「マンション建替え研究所」の広告が日経広告賞 建設・不動産部門の最優秀賞受賞

常設タイプの都市型マンションギャラリー「アトラスコレクション」開設

2015

「アトラス調布」がグッドデザイン賞受賞

「ヘーベルROOMS」の直営店舗2店目となる「ヘーベルROOMS横浜」開設

賃貸管理戸数7万戸達成

2016

都内で2箇所目となる常設マンションギャラリー「アトラスコレクション新宿」開設

当社発の台湾におけるマンション分譲事業「新北市中和区プロジェクト」着工

「アトラス調布」が都市景観大賞(国土交通大臣賞)を受賞

2017

日本での民間分譲マンション第1号「四谷コーポラス」建替え決議成立

旭化成初のサービスアパートメント「ヘーベルSTAY代官山」オープン

分譲マンションATLASによる都市再生 「センティックデザイン」が2017年度グッドデザイン賞を受賞

サンシティ(板橋)

旭化成不動産販売(株)設立祝賀会

30年一括借上げ

アトラス国領・2009年度グッドデザイン賞受賞

旭化成不動産レジデンス(株)プレス発表会

「マンション建替え研究所」日経広告賞受賞

 ページの先頭へ